レイク審査で注意する事

急な出費が発生した時や、給料日前に手持ちのお金が少なくなり、給料日までの間だけ借りたいという場合に便利なのが即日融資で借りられるカードローンです。

新生銀行カードローン「レイク」は即日融資が可能な、数少ないカードローンで、口コミやランキングサイトでも上位に位置する銀行カードローンです。

 

スマホだけで契約出来る

レイクの特徴的なサービスは、パソコンやスマホだけで、契約から借入、返済までできるネットサービスです。
ネット申込みなら、店舗やATMへ行く必要がなくインターネット上で借入から返済が済ませられるというネットキャッシングが出来ます。

そして、審査に通れば、本人確認書類をスマホなどで撮影して、その画像をレイクに送れば契約は完了です。
指定した口座への振込してもらうのもスマホから手続きができます。

 

審査に通るために注意する事

「レイク」でカードを作るには、一定の条件を満たす必要があります。基本的な条件は、申込者に安定した収入があって、定職に就いていることです。無職の方はまず無理ですが、正社員でなくても、パートやアルバイトをして、安定した収入を得ていれば、パートやアルバイトでも問題ありません。

融資限度額は、クレジットカードや他の消費者金融などの借入額を合計して、その金額を年収から差引くと「どれくらいまでなら返済できるが」が算出されるので、審査はこの金額を元に、いくらまで融資できるかが決まります。

ですから、既に他社からの借入額があり、借入金額が多い場合は、審査に通らないケースも出てきます。

「レイク」の審査を通すためには、こうした支払い能力以外に、申込書の記入は正しい情報を入力するとか、同時に複数社への申込みをしないというように、いくつかの注意点があります。

「レイク」の融資申込みは、ネット上で、スマホと電話だけで完結しますが、審査では必ず「在籍確認」があります。在籍確認は、「レイ」クの審査担当者、が申込者の勤めている勤務先に電話をかけて、本当に勤務をしているかを確認するものです。

勤務先の情報を間違えて入力してしまうと、在籍確認ができないので審査に通ることは有りません。申込書を送信する前に、記入ミスや記入漏れがないか、再度確認して送信する事がポイントです。

Category: レイク

タグ: , ,

- 2016年11月24日